誤送信防止のための7つのアプローチ

メール送信時に「宛先を指定する」「内容を書く」「ファイルを添付する」のはすべて手作業です。システムで自動的に対処しない限り「うっかりミス」を完全になくすことはできません。Active! gate SSは「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「メール本文と添付ファイルの分離」「送信拒否機能」「Bcc強制変換機能」「上司承認機能」でメールや添付ファイル経由の情報漏えいを徹底的に排除します。

 1. 送信メールの一時保留

設定した条件によって送信メールを一定時間隔離・保留し、「うっかりミス」を防ぎます。
送信メールの一時保留

 2. 添付ファイル暗号化

メール送信時に添付ファイルをパスワード付きのファイルに変換します。
※ パスワードはアクティブゲートが受信者に自動送信します。
添付ファイル暗号化

 3. 添付ファイルのWebダウンロード

添付ファイルをメール本文と分離し、パスワードを利用して受信者が別途ダウンロードします。
※ パスワードはアクティブゲートが受信者に自動送信します。
添付ファイルのWebダウンロード

 4. Bcc強制変換

ToやCcに一定個数以上のアドレスがある場合、Bccに自動変換します。
Bcc強制変換

 5. 送信拒否

条件によりメールの送信自体を拒否します。送信拒否を通知するバウンスメールを送信可能です。
送信拒否

 6. 時間差配信

社内、グループ会社、社外にそれぞれメールを時間差で配信することで、外部にメールを送信する前に社内の関係者が内容を確認することができ、送信者が見落としていた「うっかりミス」などに事前に気づくことも可能です。
時間差配信

 7. 上司承認機能

ユーザー(被承認者)が送信するメールの確認や添付ファイルのチェックなどを上司、または第三者(承認者)が行い、承認者の承認後にメールが送信されます。
「不在代理者」と「代理者」承認者が出張や長期不在の場合に代理承認が可能な「不在代理者」と、承認者が一定時間内に対応できない場合に承認が可能な「代理者」を設定可能。メール承認の停滞を防ぎます。
上司承認機能