メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」は、メールによる情報漏えいを7つのアプローチで未然に防ぐ事を目的としたセキュリティサービスです。
ここでは、7つのアプローチの中でも、特に便利な添付ファイルに関する二つの機能をご紹介します。

・添付ファイル暗号化
・添付ファイルのWebダウンロード

添付ファイルの暗号化や分離、パスワード通知までが完全全自動!

添付ファイルの暗号化

メールに添付したファイルを自動的に暗号化して相手先に送り届ける機能です。
暗号化を解くパスワードもランダムに生成されて、自動的に相手先にメールで通知されます。
これにより、メールを直接受信した人(パスワードを知っている人)しか添付ファイルを参照できない事になります。
送信先誤りを防止する「送信メールの一時保留機能」を併用することで、更にセキュリティは強化されます。

送信者は特別な手順は不要で、通常通り添付ファイル付のメールを送信するだけでOKです。

添付ファイルのWebダウンロード

メールに添付したファイルと本文を自動的に分離して相手先に送り届ける機能です。
メール本文には、添付ファイルをダウンロードする為のURLが追記されます。
ダウンロードを行う際に必要なパスワードもランダムに生成されて、自動的に相手先にメールで通知されます。
これにより、メールを直接受信した人(パスワードを知っている人)しか添付ファイルを取得できない事になります。
送信先誤りを防止する「送信メールの一時保留機能」を併用することで、更にセキュリティは強化されます。

送信者は特別な手順は不要で、通常通り添付ファイル付のメールを送信するだけでOKです。

更に、この機能は情報漏えいの防止という目的だけでなく、大容量サイズのファイル送信という利用目的でもご活用できます。
「ファイルをアップロードしてダウンロードURLを記載したメールを送信」といった面倒な作業から開放されます。
(ただし、本サービスで送信できるファイルサイズは100Mbyteまでですのでご注意ください)